SSブログ

危険球退場の誤審 [プロ野球]

昨日のシリーズ第五戦は、吉川投手の平常心を失った投球で試合は一方的になった。
そうした中でも、加藤選手への多田野投手の投球を柳田球審が訳の分からぬうちに危険球と認定して、多田野投手は退場させられるハメになった。
解説の古田氏も誤審だと明言しているほど難しい判断を要する場面でもなかった。テレビではスロービデオを見ることができるから誤審だと断定できるが、バッターと捕手の背後から判定している球審に見づらかったとは思う。しかも、あの判定で「自分の判断を尊重する」というコメントを柳田氏は出しているのは噴飯物である。スロービデオで審判の判定に納得させられてこそプロの審判であろう。
死球と判断しただけでなく危険球と判定したのは、二重の判断ミスであった。危険球は、ルール上は球審の判断に委ねられる要素が多いようだが、バッターがボールが来る方に頭部を移動させても危険球だというのはおかしい。バッターボックスで構えていて頭部や顔面に投ぜられて始めて危険球だというのが正当な解釈であろう。
今年引退を表明した金本選手に今は中日に所属する三瀬投手が頭部に当てて、危険球退場をさせられたことがあったが、金本選手がボールをよけようとしてしゃがみ込んだ頭部にボールがきてあったのであるから、よけ方が悪いともいえるような状態であった。
昨夜のはバンドをしにいってのことであるから、危険球とは到底思えなかった。柳田氏は、判定をし損なった上に、危険球規定を拡大解釈をしたのである。
昨夜の場合、ハーフスイングか否かを塁審に質すように、球審は、塁審の判断や意見を聞くべきであったろう。塁審を集めて協議した形跡もなかった。
球審は、ファウルボールやチップなどを腕に受けたりして大変な仕事だとつくづく思うが、昨夜のような誤審は試合をつまらなくする。最近は審判の権威も確立していて、五分を超える抗議は退場処分の対象になるのだから、もっと手際よく審判員全体で判定していくのがよいように思う。
半世紀も前の巨人と南海の日本シリーズで、スタンカ投手が投じたアウトコースいっぱいのボールを球審がボールと判定したために、三振で試合終了になるところが終わらず、命拾いした宮本選手のさよならヒットになった。ホークスのコーチ陣が試合終了後も抗議したことがあって、「円城寺あれがボールか秋の空」という円城寺球審を揶揄する俳句(季語があるので)まで作られたことを思い出す。
川柳を追記:「柳田くん北のドームで芝居負け」
審判はコミッショナーの統率下におかれているが、コミッショナーはこの試合を観戦していてどのように審判に訓示を与え、評価するのか、知りたいものである。技術の向上が求められるのではなく、運用の仕方を考えるべき恰好の教材であったと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます